文字サイズ
    (1)

    ストップ!DV

     DV防止法(配偶者暴力防止・被害者保護法)の制定から今年で15年。配偶者や恋人からの暴力であるDVの認知度が高まるにつれて相談件数も増え、県警が専門部署を新設したほか、交際中のカップルによる「デートDV」を見守る動きが広がるなど、社会がDVを許さない風潮も醸成されている。一方で、官民の連携や外国人被害者への対応など課題も残る。DVの現状と課題を検証する。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て