文字サイズ

    ヒアリ定着防止 県補正案に5000万

     清水港で特定外来生物の毒アリ「ヒアリ」が発見されたことを受け、川勝知事は12日の定例記者会見で、9月補正予算案に、定着を防ぐための費用として、5000万円を盛り込む意向を示した。「コンテナの荷主への注意喚起を積極的に行っていく」と述べた。

     知事は専門家の分析を踏まえ、現状のヒアリの生息範囲は限定され、港湾区域外に出る可能性は少なく、繁殖するにも個体数が足りないと説明した。県は清水港、御前崎港、静岡空港で調査を行うほか、ヒアリを発見した場合の対応マニュアルを作成し、ホームページで公開するなどしている。

    2017年09月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て