文字サイズ

    消しゴム版画 彩り豊か

     ◇大倉さん作品80点・・・美波

    • 色鮮やかな作品が並ぶ「消しゴム版画展」と大倉さん(美波町で)
      色鮮やかな作品が並ぶ「消しゴム版画展」と大倉さん(美波町で)

     美波町の日和佐図書・資料館(橋村百恵館長)で、高松市の会社員大倉朗人あきとさん(57)の作品展「消しゴム版画展」が、開かれている。10月8日まで。無料。

     消しゴム版画は、消しゴムを彫刻刀などで彫り、複数のパーツを組み合わせて一つのデザインに仕上げる。様々な色のスタンプインクを使用し、はがき大の紙に押して作品ができあがる。大倉さんは約10年前から独学で制作に取り組んでいる。

     会場には、四季を彩るヒガンバナやアサガオ、色鮮やかな熱帯魚、山里の風景、果物などをデザインした味わい深い作品約80点が並ぶ。

     同館を訪れた同町日和佐浦の主婦中野美子さん(60)は「淡い色合いで、細かいところまで観察し、生き生きと描かれている」と感心していた。

    2017年09月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て