文字サイズ

    大谷焼 ご主人待つ

    • 来年の干支「戌」の置物(鳴門市で)
      来年の干支「戌」の置物(鳴門市で)

     ◇鳴門 「戌」の置物販売

     鳴門市の伝統工芸「大谷焼」の窯元、矢野陶苑(大麻町)で、来年の干支えといぬ」の置物が並び、訪れた人たちの目を楽しませている。

     置物は高さ10~20センチ。シバ犬や土佐犬などの日本犬からダックスフントやテリアなどの洋犬まで様々な種類がそろい、1体800円~1万円で販売している。

     黒や茶、白で色づけされており、矢野良子さん(71)は「飼っている犬種と色を選んで購入される愛犬家が多い」と話していた。

    2017年12月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て