文字サイズ

    東京菜時記(春)

     水ぬるむ季節、江戸時代から受け継がれてきた「江戸東京野菜」もウドやミョウガタケなどが春の収穫時期を迎えた。もうすぐタケノコも顔を出す。都内の栽培農家が手をかけ、苦労して守り育てる食材は、独特の風味、食感に違いがある。伝統野菜の<旬>を追う。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て