文字サイズ

    高校進学 塾代を補助…文京区

    困窮世帯向け 来年から

     文京区は、生活困窮世帯の子どもの高校進学を支援するため、学習塾代と、高校入学準備費用の一部を補助する事業をともに来年からスタートさせる。いずれも返済不要の給付型で、区は両事業の経費として2260万円を見込んでいる。

     対象は、生活が苦しいために区の就学援助を受給している世帯の生徒。金額は、学習塾代の補助が、中学2年生で年5万円、3年生で同10万円。制服代など高校入学準備費用の補助は、進学先が私立高なら10万円、公立高なら6万円となる。

     申請には塾の領収書や、入学金の領収書や生徒手帳のコピーが必要。成沢広修区長は「子どもたちの進学の選択肢が、少しでも広がれば」と話している。

     塾代の補助を巡っては、都が2008年から、中学3年生と高校3年生に最大20万円貸し付け、進学すれば返済が免除される「受験生チャレンジ支援貸付事業」を実施。高校入学準備費用の補助は、武蔵野市も今年から導入している。

    2017年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て