文字サイズ

    <鳥取大地震74年>教訓生かし初動確認

    • 食料や水などの救援物資を受け取る住民ら(鳥取市立面影小で)
      食料や水などの救援物資を受け取る住民ら(鳥取市立面影小で)

     ◇各地で防災訓練や慰霊祭

     死者・行方不明者1210人を出した鳥取大地震(1943年)から74年となった10日、各地で関連行事が開かれた。この日を「防災の日」と定めている鳥取市では、市職員や市民らによる大規模な総合防災訓練を実施。岩美町では、地震で犠牲となった朝鮮人鉱山労働者や住民の慰霊祭があり、参列者が冥福を祈った。(田村勇雄、河合修平)

     鳥取市の総合防災訓練には36機関約500人が参加し、初動対応や避難の手順、救援物資の分配方法などを確認した。

     午前10時、鳥取市で震度6強の地震が発生し、大津波警報が発表されたとの想定。市役所では危機管理課の職員らが対策本部を設置し、被災状況などの情報収集に当たった。

     同市雲山の市立面影小では午前10時過ぎ、近隣住民ら約160人が続々と体育館に避難。食料や水などの救援物資をリレー方式で運搬した後、列を作って受け取っていた。車いす利用者の避難支援訓練では、坂道や段差にさしかかると前輪を上げるなど、実際に車いすを押して手順を学んだ。

     子ども4人と参加した主婦、稲村育世さん(35)は「子どもたちを連れて避難する大変さを事前に知ることができた。どの道を通って避難するかを家族で話し合い、備えておきたい」と話した。

     同市佐治町の市立佐治小でも住民約80人が参加し、心肺蘇生法や初期消火などの訓練を行った。

      

     ◇朝鮮人労働者ら悼む

     岩美町荒金の旧岩美鉱山(荒金鉱山)近くの供養塔前では、地震で犠牲になった朝鮮人労働者や近隣住民らの慰霊祭が営まれ、遺族や地区住民、在日本大韓民国民団県地方本部の関係者ら約60人が参列した。

     同鉱山では、地震で泥の堆積所のえん堤が決壊し、約4万3000立方メートルもの泥が下流の集落に流れ込んだ。朝鮮人労働者や家族、地域住民ら65人が犠牲となり、うち20人余りの遺骨が見つかっていない。

     慰霊祭で、地元自治会の炭山茂和区長は「この地に犠牲者が今も眠っていることを忘れてはならない」とあいさつ。同本部の薛幸夫ソルヘンブ団長は「私たちの先輩を哀悼の意をもって鎮魂したい」と述べた。

     その後、朝鮮半島の民族楽器で鎮魂の調べが奏でられ、参列者が次々と供養塔に献花した。

      

    • 犠牲者を供養する北村さん(岩美町荒金で)
      犠牲者を供養する北村さん(岩美町荒金で)

     ◇あの時忘れない

     ◇北村まつ子さん95(岩美町)

     震災で義母と義妹を失った岩美町荒金の北村まつ子さん(95)は、毎年欠かさず、慰霊祭に参列している。地震発生時、堆積所のえん堤より上流にある自宅そばにいた北村さんは大きな揺れの後、下流の方で「ザーッ」という大きな音を聞いたという。

     真っ黒な泥は瞬く間に下流の集落をのみ込んだ。「泥の中から男性2人が出てきて、『助けてくれ』と叫んだが、泥が軟らかく脚がどんどん埋まって、どうしようもない状況だった」

     発生から21日目。下流にある精米所の作業場近くの小川から、義母の遺体が見つかった。遺体は損傷が激しかったが、着物から義母とわかった。義妹は今も見つからないままだ。

     北村さんは「とても怖かった。あの時のことは忘れられない。生きている限りずっと、ここに参らせていただきたい」と語った。

    2017年09月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て