文字サイズ

    高校竜王戦 桐蔭1年・松本さん県代表

    • 全国大会出場を決めた松本さん(和歌山市で)
      全国大会出場を決めた松本さん(和歌山市で)

     第30回全国高校将棋竜王戦(日本将棋連盟、読売新聞社主催)の県予選が16日、和歌山市の県勤労福祉会館プラザホープで行われ、県立桐蔭1年の松本匠平さん(15)が優勝した。松本さんは8月16、17日に福岡市で開かれる全国大会に出場する。

     12校の55人が予選を戦い、28人が決勝トーナメントに進出。決勝は松本さんと同校3年、三木健哉さん(17)による対局に。松本さんの矢倉囲いに対し、三木さんも序盤から積極的に攻撃を仕掛けたが攻めあぐね、中盤、松本さんが一気に優勢に持ち込んでそのまま押し切り、「先輩後輩対決」を制した。

     対局後、小学5年で将棋を始めたという松本さんは「全国大会を目標にしてきたのでうれしい。簡単に負けないように、同世代としっかり戦いたい」と意気込んでいた。

    2017年07月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て