文字サイズ

    競うのは珍しさ!?

     ◇串本で魚釣り選手権 10月

     数や大きさではなく、釣った魚の珍しさを競い合うユニークな催し「第5回珍魚釣り選手権」が10月22日、串本町古座の動鳴気どめき漁港で開かれる。主催する実行委が参加者を募集している。

     これまで上位に入ったのは、あまり聞き慣れないシロブチハタ、チョウチョウウオ、キントキダイなど〈珍魚〉ぞろい。同町観光協会事務局長の宇井晋介さん(61)は、「1500種以上いるとされる『魚種日本一』の串本で、珍しい魚を釣り上げてほしい」と話している。

     餌釣りかルアー釣り。2人以上のチームで参加し、定員60人(小学生以下は保護者同伴)で先着順。参加費は500円(餌代、保険料込み)。釣りざおと仕掛けは、レンタルなら500円。10月15日までに、同実行委に電話(0735・62・3171)かファクス(同)で申し込む。

    2017年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て