文字サイズ

    富士吉田市 全小中学校に洋式トイレ導入

    富士山描いた扉 好評

     富士吉田市は、市内の全公立小中学校に洋式トイレを導入した。小学校のトイレには絵が描かれ、子供たちが利用しやすいよう工夫が施されている。

     市内の学校はこれまで和式トイレが多く、児童生徒に「暗い」「汚い」とのイメージを持たれていたため、同市は2014年度から洋式トイレの整備に着手。今年8月の夏休みを利用し、残っていた四つの小中学校での工事を終えた。

     このうち、市立吉田西小学校のトイレの扉には、富士山や地元の神社の祭りの様子がカラフルに描かれており、児童からも好評だという。

     同小3年生(9)は「以前のトイレは暗い雰囲気だったが、今は富士吉田らしい絵がかわいらしく描かれていて行きやすくなった」と笑顔で話していた。

    2017年09月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て