文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    是枝作品、受賞ならず…カンヌ国際映画祭まとめ

    是枝裕和監督作品、受賞ならず(2015年05月25日)
     第68回カンヌ国際映画祭最終日の24日夜(日本時間25日未明)、閉幕式が行われ、各賞が発表された。コンペティション部門最高賞のパルムドール(金の棕櫚賞)は、フランスのジャック・オーディアール監督による「ディーパン」に贈られた。同部門に出品されていた、是枝裕和監督の「海街diary」の受賞はなかった。(→記事へ

    「ある視点」部門、監督賞に黒沢清監督(2015年05月24日)
     23日(日本時間24日未明)、「ある視点」部門の結果が発表され、黒沢清監督(59)の「岸辺の旅」が、監督賞を受賞した。「ある視点」は、コンペティション部門に次ぐ、同映画祭の主要部門。上映作品は、主題や美学に焦点を当てて選出されている。(→記事へ

     3大映画祭の一つ、カンヌ国際映画祭についてまとめました。

    カンヌ国際映画祭通信2015

    スターパワーより大事なこと(2015年05月25日)
    アクションという表現の魅力(2015年05月22日)
    人生の時間をめぐる魅力的な2本(2015年05月21日)
    コンペ以外も見逃せない、眠れない(2015年05月20日)
    兄弟監督大集合!(2015年05月18日)
    是枝作品と河瀬作品に温かな反応(2015年05月15日)
    女性監督の社会派作品で開幕(2015年05月14日)

    日本人監督の作品も

    是枝作品、河瀬作品上映に拍手やまず(2015年05月15日)
     14日、コンペティション部門に出品されている是枝裕和監督「海街diary」の公式上映が行われた。…終了後は、満場の観客が立ち上がって監督と女優たちに拍手を送った。(→記事へ

    コンペ部門に是枝監督「海街diary」(2015年05月11日)
     日本人監督作では是枝裕和の「海街diary」=写真=が選ばれた。海の見える街を舞台に四姉妹がつむぐ絆の物語で、原作は吉田秋生の同名漫画。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが姉妹を演じる。(→記事へ

     +映画『海街diary』公式サイト

    カンヌ映画祭とは?

     ベルリン(独)、ベネチア(伊)と並ぶ世界3大映画祭の一つ。南仏カンヌで毎年5月に開催される。1932年からのベネチア映画祭に対抗し、46年に始まった。

     その後、世界をリードする映画の祭典として発展。68年に5月革命の影響で中止に追い込まれるなどの“事件”もあったが、今では世界から1600ものメディアのジャーナリスト4000人が訪れる、世界最大の映画祭となっている。

     映画を取引するマーケットも59年の設置以降次第に拡大。世界の興行に影響を及ぼしている。

     日本映画では、54年に衣笠貞之助監督「地獄門」がグランプリを受賞。51年にベネチア映画祭グランプリ受賞の黒沢明監督「羅生門」に続く快挙として、日本映画を世界に知らしめた。

     (2007年05月11日 芸能面より)

    過去の主な日本人受賞作・者

     

     +2015年度カンヌ国際映画祭オフィシャルサイト

    2015年05月25日 19時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP