文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    浅田真央、現役続行を表明

     休養していたフィギュアスケートの浅田真央選手が5月18日、現役続行を表明しました。1年前は現役続行か引退か「ハーフ、ハーフ(五分五分)」と話していただけに、ファンや関係者は喜びに沸いています。とはいえ、年齢的に見てもトップに返り咲くのは容易なことではありません。いばらの道を選んだ24歳の決断をまとめました。

    試合が恋しくなった…達成感を感じたい

     2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストで、6位に終わったソチ五輪後の昨年5月に1年間の休養を発表していた浅田真央(24)は18日、都内で記者会見し、「自然と試合が恋しくなり、演技ができた時の達成感を感じたいと思い始めた」と、現役続行を表明した。(2015年05月18日)(→記事へ

    現役続行にかじを切った心境は?
     (→記者会見要旨へ
    Q.今の気持ちは?
    Q.現役続行を決めた経緯は?
    Q.2018年平昌五輪を目指すか?
    Q.伊藤みどりさんに背中を押された言葉は?
    Q.復帰戦はいつ?
    Q.休養中の1年間は?

    「夢に向かい悔いなく」真央にエール

     東京都内で18日に行われたアイスショーの記者会見で、現役続行への強い思いを自らの口で明らかにした2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストの浅田真央選手。「国民的ヒロイン」の復帰に関係者やファンからは期待の声が相次いだ。(2015年05月19日)(→記事へ

     

    荒川静香・日本スケート連盟副会長 「常に結果や勝つことを期待される難しさはあると思いますが、同時にそれを乗り越えたいと思うのがアスリートだと思うので、自らがもう十分と思えるところまで頑張ってほしいと思います」

    バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔さん 「彼女が決断し、進むと決めたことだと思うので、応援するのみです。いつでも応援しています」

    ソチ五輪代表の鈴木明子さん 「ほかの誰のものでもなく、浅田選手自身の人生。どのような決断をしても、ともに成長してきた仲間として、温かく見守りたい」

    サッカー女子の日本代表、澤穂希 「一人でも多く世界のトップレベルで戦う選手が現役で競技を続けるのはうれしいし、刺激にもなる。私もこの年齢(36歳)で現役で頑張っているので、浅田選手にもやれるところまで頑張ってほしい」

     

    トリプルアクセル「1年前と変わらず」…佐藤コーチ

     浅田の記者会見を受け、佐藤信夫コーチが18日、横浜市内で取材に応じた。今後について、「先週の月曜日から練習を見始めたばかりなので白紙の状態」としながらも、「半年ぐらいはかかる。目標としては、(12月の)全日本選手権に焦点を合わせていくのがいいのではないか」と語った。(2015年05月19日)(→記事へ

    【記者の目】逆境へ あえて挑む(解説)

    • 現役続行を表明する浅田真央(18日午後、東京都港区で)=林陽一撮影
      現役続行を表明する浅田真央(18日午後、東京都港区で)=林陽一撮影

     24歳の浅田が下した現役続行という決断は、相当重い。平昌五輪開催時は、27歳。年齢との戦いになるだろう。ジャンプを跳ぶには、体の軽い10代の方が有利。浅田自身も、「ベテラン(の域)に入ってきている」と自覚する。現に、過去の五輪女王を振り返ると、世界を見てもトリノ五輪を制した荒川静香が24歳で最年長という事実もある。(2015年05月19日)(→記事へ

    現役か、引退か…揺れる思い

    練習再開…18日に去就会見

     バンクーバー五輪のフィギュアスケート女子銀メダリストで、ソチ五輪後の昨年5月に1年間の休養を発表していた浅田真央(24)が、今週から佐藤信夫コーチの下で練習を開始した。今後の去就については、18日に都内で開かれるアイスショーの記者会見で浅田本人が明らかにするという。(2015年05月14日)(→記事へ

    揺れる心境ものぞかせる(2014年07月21日)

    引退「ハーフ、ハーフ」…つらかった1年前

    「ちょっと疲れた」…1年休養を表明

    • 浅田真央選手
      浅田真央選手

     現役続行か引退かで注目を集めるフィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が選んだ決断は「1年間の休養」だった。自らが座長を務め、7月に大阪公演(読売新聞社協力)などを行うアイスショー「ザ・アイス 2014」の開催記者会見で心境を語った。(2014年05月20日)(→記事へ

    進退「ゆっくり考える年に」(2014年05月20日)
    世界の頂点 返り咲き可能(2014年05月20日)
    引退「ハーフ、ハーフ」…選手団が帰国(2014年02月25日)

     

    【関連記事】
    練習再開…18日に去就会見(2015年05月14日)
    「好きな選手」真央1位(2014年05月31日)
    成長の証し…3回転6種類 完全燃焼(2014年02月22日)

    2015年05月19日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP