文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    「悪霊の巣窟清めた」…神社に油で男に逮捕状

    • 欄干についた液体を調べる捜査員(9日、茨城県の鹿島神宮で)
      欄干についた液体を調べる捜査員(9日、茨城県の鹿島神宮で)

    • 油のような液体がかけられた柱(4月29日、千葉県香取市の香取神宮で)
      油のような液体がかけられた柱(4月29日、千葉県香取市の香取神宮で)

     全国の寺社などで油のような液体がかけられた跡が見つかった事件に絡み、千葉県香取市の香取神宮で3月下旬、柱など数か所に油をまいたとして、千葉県警が建造物損壊容疑で米国在住の日本人の男(52)の逮捕状を取ったことが1日、わかった。(2015年06月01日)

    • シミが付いたこま犬(9日、千葉県香取市の香取神宮で)
      シミが付いたこま犬(9日、千葉県香取市の香取神宮で)

    容疑者は米国在住の宗教団体創立者

     捜査関係者によると、男は日本国内でも活動する宗教団体の創立者で医師でもある。男は頻繁に日本と海外を行き来しており、3月25日に千葉県銚子市で宿泊し、同県内ではレンタカーで高速道路などを使って移動していたという。

     男は2013年5月、宗教団体を設立。読売新聞が入手した団体のパンフレットや布教CDによると、東京都出身で、17歳でキリスト教徒になり、渡米後、医師になったとされている。(2015年06月01日)

    • 金剛力士・阿形像の柵周辺でも跡が見つかった(4月10日午後、奈良市の東大寺で)
      金剛力士・阿形像の柵周辺でも跡が見つかった(4月10日午後、奈良市の東大寺で)

    「油を注いで清めた」…動画をユーチューブで公開

     男が、インターネットで公開されている動画で、「神社は悪霊の巣窟。油を注いで清めた」などと話していることがわかった。

     団体設立前にも日本国内を中心に集会が開かれており、動画サイト「ユーチューブ」に動画が公開されている。このうち、2012年12月に開かれたとみられる集会で、男は国内の2か所の山を「悪魔の電波塔」と称し、山にあるほこらとみられる写真を示しながら、「油を注いだ」と説明している。(2015年06月02日)

    男の宿泊先周辺で被害も

     男が、3月21日~4月1日に国内に滞在し、京都市や奈良県、山形県などに宿泊していたことが捜査関係者への取材でわかった。京都市の東寺や奈良市の東大寺など宿泊先周辺の寺社で被害が確認されており、千葉県警などはレンタカーなどで移動し、犯行を繰り返していた可能性があるとみて調べている。(2015年06月03日)

    全国の寺社で油のような液体がまかれる被害

     警察庁のまとめでは、5月29日現在、油のような液体がかけられる被害は、16都府県48か所で確認されている。京都市の世界遺産・二条城で2月に確認され、4月に入り各地で被害の届け出があった。(2015年06月01日)

    寺社からは憤りの声

    鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の神職 「神聖な場所をけがされ、本当に残念。シミも残り、修復には手間や時間がかかりそうだ」

    東寺(京都市)の拝観課長 「液体が中まで染みこめば、今の時代であってもシミは消せない。古来先人たちが守ってきたものを汚され、大変困惑している」

    (2015年04月23日)

     

    【関連記事】

    寺社に油、逮捕状の男の宿泊先周辺で被害(2015年06月03日)
    油まいた男「悪霊の巣窟清めた」と話す動画公開(2015年06月02日)
    神社にシミ…米国在住の男に逮捕状(2015年06月01日)
    寺社のシミ「同一犯」浮上…被害11府県に拡大(2015年04月23日)

    2015年06月03日 11時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと