文字サイズ
    私も言いたい!「NEWS通」

    「エスカレーターの片側歩行はやめて」…知ってる?知らない?

     「エスカレーターの片側歩行は危険だからやめて」――。読売新聞が報じた記事がネット上で話題になっています。

     エスカレーターの片側歩行は、急ぐ人のために東京は右、大阪は左を空ける習慣が定着していますが、業界団体などが事故防止のため、「歩かない」「片側を空けない」と求めていることは意外と知られていません。記事は、旅行者が増える夏休み期間中、鉄道各社などもルールの徹底を改めて呼び掛けているという内容です。

     消費者庁によると、2011~13年の3年間、東京都内だけで計3865人がエスカレーターの事故で緊急搬送され、その大半が転倒や転落によるけがだったそうです。「歩いて上っていたところ、バランスを崩して転倒」「上ってきた人につえに接触されて転倒」といったケースもあり、同庁は「エスカレーターで歩くとバランスを崩すだけでなく、他の人に接触して事故になる恐れがある」としています。

     昇降機メーカーでつくる日本エレベーター協会によると、エスカレーターは歩かないことを前提に設計されており、「立ち止まって手すりにつかまる」が正しい乗り方。「片側を空ける必要はない。手が不自由で特定の側を空けるのが困難な人もいる」と説明しているそうです。

     危険なのなら是正すべきでしょうが、そもそも、業界団体が「片側通行は危ないのでやめてほしい」と呼びかけていることをあなたは知っていましたか。知っていたという方は「イエス」に、知らなかったという方は「ノー」に投票してください。広報は十分だったのでしょうか。ご意見がある方は理由もお書きください。

     

    ・元の記事はこちら

    ・投票はこちら

    みんなの意見を見る

     

    <関連記事>

    東京は右空け、大阪は左…大戦中のロンドン起源

    “ボケない”ための六本木駅「山登り」

    本気なの? メタボ医師の減量指導

    「健脚」商売!?

    階段フィットネス…ヨミドクター編集者の悲しき実態?

    2015年08月18日 14時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!