文字サイズ
    私も言いたい!「NEWS通」

    「エスカレーターの片側歩行は危険だからやめて」が多数…アンケ結果から

     今回は、「エスカレーターの片側歩行は危険だからやめて」と業界が呼びかけていることを知っていますかという質問でした。自由記載欄を見ると、「知っている」「知らない」という答えは少なく、「エスカレーターの片道歩行は危険だからやめて」という意見自体に賛成票を投じられた方が多かったようです(27日現在)。それだけ、危ない思いをされた経験が多くの方におありなのだと推定できます。

    「業界のPRが足りない」…賛成派

    • エスカレーターの上を歩かないようによびかける表示(東京都中央区内の駅で)
      エスカレーターの上を歩かないようによびかける表示(東京都中央区内の駅で)

     「私は半身が不自由です。極力エスカレーターの利用は控えています。歩行者が怖くて落ち着いて利用できません。歩行禁止であれば、すこしは安心です」

     

     「片側通行禁止に賛成です。しかし、PR不足と思います。現に駅では『走っての上り下りは危険です』とは放送していますが、片側を歩いて通行することを禁止しているとは思えません。これだけ一般化しているものを禁止にするにはかなりのPRと何か『通行できない』方法が必要ではないでしょうか。走って降りて転倒した人も見かけました。自分だけならともかく、他人を巻き込んだら大変と考えます」

     

     「エスカレーターは安全運行のためにセンサーが機能してます。キャパを超えた重量(制限以上の大勢の人が乗ったとき)、異常な揺れ(振動)を感知したとき(地震等の揺れだけでなく、人が駆け上った時の揺れ等々)エスカレーターの側面に何かが強くぶつかったとき、物が挟まったときなどセンサーが異常を感知すると急停止します。この急停止の反動で利用者は将棋倒しになり大惨事を引き起こす危険があります。駅などでエスカレーターが急停止し事故が起きた時の原因はほとんどセンサーの異常感知です。そして異常感知の多くは駆け足利用によるエスカレーターの振動感知です。急いでいる人のために片側を空けろという意見は人の迷惑を顧みない傲慢な意見だということに気づいてください」

     

     「下りが特に危ないと思います。とは言え、なかなか右側に立ち止まるのは勇気が要ります。是非何らかの法制化してもらいたいですね」

     

     「大賛成。オリンピックまでに完全習慣化を目指して全国的キャンペーンをやりましょう」

     

    「長年の習慣で世界標準だ」…反対派

     「歩行禁止には反対。物を持ったまま迅速に移動しなければならないのが、現代社会のビジネスマン、ビジネスウーマン。心身障害者等弱者の保護の観点からはむしろエレベーターを使ってもらうべきで、公共交通機関等でバリアフリーを(うた)うならば、むしろ、そちらの整備に注力すべし」

     

     「この呼び掛けには非常に違和感を感じます。ニューヨークやロンドンでもみんな左側を歩いているし、左側に立っていると、Excuse meと嫌味ったらしく言われますよ。止まるか歩くかは個人の選択の問題で、業界団体や行政からあれこれ言われる問題ではないと思います。昇降機メーカーも『歩くように設計していない』ではなく、歩いても大丈夫なように設計を変更するべきでしょう」

     

     「これだけ定着した習慣をやめろと言うのは無理。私も技術者だが、技術者なら片側を空けても安全に乗れるエスカレーターを設計すれば良い。エスカレーターの構造はここ40年以上ほとんど進化していないのでは。単なるメーカーの怠慢に見える」

     

     「片側歩行は急ぐ人のために自然にできた合理的なルールである。以前は、『駆け上がったり駆け下りたりしないでください』とアナウンスしていたが、それで十分だ。整然と片側歩行するのまで禁止するのは過剰規制。エスカレーター事故の統計をみても、歩行者にぶつかったのは少数であり、大部分は高齢者や酩酊(めいてい)者がバランスを崩して転倒した事故である。長年定着してきた慣行を、業界団体が今更のように唐突に変更するのは傲慢ささえ感じる」

     アンケート結果を見ると、広報自体が十分ではないという意見が目立ちました。本当に危ないなら、業界やエスカレーター設置者はデータを示し、啓発キャンペーンを繰り返し実施する必要があるという意見も多く寄せられました。一方、習慣として定着しているので、現状を是正するのは並大抵なことではなく、罰則を設けるしかないという意見も複数ありました。

     さて、あなたはどう考えますか。アンケートは引き続き受け付け中で、ご意見をお待ちしています(*投稿は1人1回のみです)。

    2015年08月28日 11時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP