文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    2020年東京へ、強化も急加速「車椅子バスケ」

     2020年東京パラリンピックの競技種目の一つ、車椅子バスケットボール。激しいぶつかり合いとスピーディーな展開に、見る者は息を飲む。そんな車椅子バスケの有力選手を訪ね、パラリンピック東京大会への意気込みを聞いた。(長嶋徳哉)

    響く金属音とスリップ音!

    • 厳しい指導のもと、名門・千葉ホークスの伝統が受け継がれている
      厳しい指導のもと、名門・千葉ホークスの伝統が受け継がれている
    • 座った高さから3メートル5センチのゴールを狙う車椅子バスケ
      座った高さから3メートル5センチのゴールを狙う車椅子バスケ
    • どう切り込むか、迎え撃つか。攻守の心理戦が続く
      どう切り込むか、迎え撃つか。攻守の心理戦が続く

     「まっすぐ攻めてダメなら、逆サイドへボールを回せ」「そう、そこで迷わずシュートだ」

     バスケットコートを車椅子で縦横に走る選手たちに、コーチの指示が飛ぶ。攻守がめまぐるしく入れ替わり、車椅子同士の衝突による金属音とタイヤのスリップ音が体育館に響く。

     千葉県を中心に活動する車椅子バスケットボールチーム「千葉ホークス」の練習。15人の選手は週3回、それぞれの仕事を終えた後、体育館に集まり、汗を流す。

     車椅子は軽量化が図られ、二つの車輪はハの字に傾き、機動性に富む。それでも計40分の試合では走る距離も数キロに及ぶ。

     その間、急発進と急停車、シュート、パスの連続。途中で交代や休息があるとはいえ、選手にはチームワークはもちろん、人並み以上の腕力と体力、精神力が欠かせない。

     ホークスは日本車椅子バスケットボール連盟に加盟する。ここには全国10地区の男女計73チーム、約660人の選手が所属する。

     日本選手権など全国制覇が目標だが、栄冠まであと一歩という成績が続く。悲願達成に向け、練習はいつも全員が消耗しきって終わる。

    「東京大会でメダルを」雪辱期す代表候補

     チームの大黒柱は土子(つちこ)大輔選手(36)。強さと俊敏性、正確なシュートで仲間を引っ張る。

     昨夏のリオ大会では念願の日本代表に選ばれ、カナダ戦では2桁得点で勝利に貢献した。「上背で負ける外国人選手対策として、後ろに下がりながらのシュートを強化したことが奏功した」と手応えを感じた。

    • リオ大会代表の土子選手
      リオ大会代表の土子選手

     ただ、日本は6位入賞を目指しながら、結果は出場12チーム中9位と悔し涙をのんだ。「もっとパワーアップを図って東京大会で代表入りし、メダルを手にしたい」と雪辱を期す。

     連盟によると、車椅子バスケの競技人口は健常者を含め約1000人程度。土子選手は、もっとこの数字が増えて支援の輪がさらに広がることを願う。

     「自分やチームの実力アップはもちろんだが、講演や周知活動にも積極的に参加し、車椅子バスケの魅力を日本中に伝えていきたい」と、もう一つの使命感をたぎらせている。

    動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください

    360度動画はこちら

    【動画はこちら】

    2017年03月31日 16時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと