文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    桐生祥秀、日本人初の100m9秒台…9秒98

     陸上の日本学生対校選手権が9月9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で、桐生祥秀(よしひで)(21)(東洋大)が日本人で初めて10秒の壁を破る、9秒98の日本新記録を樹立しました。桐生選手のこれまでの歩みを振り返ります。(年齢や肩書などは当時)

    • 男子100メートルで日本人初となる9秒台を出した桐生祥秀(9月9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で)
      男子100メートルで日本人初となる9秒台を出した桐生祥秀(9月9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で)

    桐生祥秀、日本人初の100メートル9秒台…9秒98(9月9日)

    • 日本学生対校選手権男子100メートル決勝、日本選手で初めて10秒の壁を破り優勝した桐生祥秀(左)。右は2位の多田修平=吉野拓也撮影
      日本学生対校選手権男子100メートル決勝、日本選手で初めて10秒の壁を破り優勝した桐生祥秀(左)。右は2位の多田修平=吉野拓也撮影

     陸上の日本学生対校選手権が9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で、桐生祥秀が9秒98の日本新記録を樹立した。風は記録が公認される追い風1・8メートルだった。従来の日本記録は伊東浩司が1998年バンコク・アジア大会で出した10秒00で、世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が2009年世界選手権ベルリン大会で記録した9秒58。

     桐生は決勝では中盤からスピードに乗り、今夏の世界選手権ロンドン大会代表の多田修平(21)(関西学院大)を突き放して3連覇を決めた。大学最後となる男子100メートルでの記録樹立に「最後のレースで、このタイムを出せてうれしい。笑顔でゴールし、周りが泣いてくれた。最高のレースだった」と感無量の表情だった。

    追い風参考

     日本陸連公式ホームページによると、短距離や跳躍系の種目では、追い風が秒速2mを超えると記録は公認されず、参考記録となる。追い風の中で競技を行えば、風の力で自分本来の力よりも加速できるためだ。100mの場合、ゴールから50m地点に設置した風速計で、スタート後10秒間の平均風速を計測する。

    苦闘4年、体幹鍛え終盤強く

    • 9秒98のタイムに笑顔を見せる桐生祥秀(9月9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で)
      9秒98のタイムに笑顔を見せる桐生祥秀(9月9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で)

     世界に遅れること49年。ついに10秒の壁を破る「9秒98」の表示を見ると桐生は弾むように駆けだした。「大学4年間、くすぶっていた自己ベストが更新できた」

     日本陸上競技連盟科学委員会によると、9秒台を出すには「秒速11・60メートル台」の最高速度が必要とされる。現役の日本選手では桐生が唯一クリアし、今年3月には豪州の競技会で秒速11・70メートルをマークしていた。

     スピードを出すコツを桐生は「足首」という。「やわらかく使うと遅くなる。硬く使うのが大切」。実はかかとを地面につけて、しゃがめない。硬い足首を強靱(きょうじん)なバネのように使い、一瞬で地面にパワーを伝える。アフリカ系選手と共通する技術だ。

     ただ、終盤が弱点だった。昨冬からアテネ五輪男子ハンマー投げ金メダルの室伏広治氏(42)に指導を受け、両端にハンマーを下げたバーベルを使う筋トレなどで体幹を鍛え、「体に軸ができ、後ろへ反らなくなった」と手応えをつかんでいた。

     高校3年で10秒01を出し、常に重圧を背負い、今年の日本選手権では4位に沈むなどどん底も味わった。「それでも一番に9秒台を出したかった。一番が誰でもいいやと思った時点で負け」。そして、大学最後のレース。脚に痛みを抱えていたが、4年間の集大成として、ただ勝つことに集中して開き直り、終盤の力みが消えた。白熱した日本人初の9秒台を争うレースで、1等賞を射止めた。

     「(五輪の)ファイナリストという目標へ再度スタートを切りたい」。東京五輪へ、さらに高みを目指す。

    日本陸上界の悲願実る~陸上100メートルの歴史

     日本勢で最も世界に近かったのは、「暁の超特急」と呼ばれた吉岡隆徳。1932年ロサンゼルス五輪で6位入賞を果たし、35年には当時の世界記録に並ぶ10秒3を出した。100メートルの五輪決勝進出は、現在でも吉岡だけとなっている。64年には、飯島秀雄が当時世界でもトップクラスの10秒1の日本記録を樹立し、再び世界に追いついた。

     しかし、その後、世界との差は広がった。日本の研究者は差を埋めるため、国内外のスプリンターの分析に力を注いだ。国内では「太ももを上げろ」「足首でキックしろ」という指導もされたが、アフリカ系のトップ選手の動きは太ももを上げず、足首を固定して走っていることが分かった。

     研究に情熱を傾けた一人で、男子400メートル日本記録保持者の高野進さんは「筋肉をどう動かせばいいとか、どう鍛えればいいとか、熱く議論した。それが今、指導者や選手の間に、走り方やトレーニングの共通感覚として浸透した」と話す。

     日本のレベルは再び向上し、1998年に伊東浩司が10秒00の日本記録をマークすると、朝原宣治が10秒02、末続慎吾が10秒03と続いた。桐生は2013年に10秒01を記録。その後「10秒の壁」に阻まれてきたが、ようやく乗り越えた。

     伊東が10秒00の日本記録を出した頃の世界記録は、ドノバン・ベーリー(カナダ)の9秒84。現在はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の9秒58まで更新されており、世界もまた、レベルを上げている。桐生が9秒台へ突入し、世界との戦いはこれから本番を迎える。

    9秒台は五輪決勝進出の「資格」

     桐生の9秒台突入は、東京五輪で決勝進出を果たす資格を得たと言える。最近の五輪や世界選手権で、準決勝突破レベルが最も高かったのが2015年世界選手権の9秒99。「9秒台」は十分に決勝を狙える水準だ。

     自己記録9秒台なら、準決勝で「自己記録でいい」と捉えられるのも大きい。また、多くの短距離関係者は「1人が9秒台を出せば次々と出る」と語る。今は自己記録10秒03の山県亮太、10秒05のサニブラウン・ハキーム、10秒07の多田、10秒08のケンブリッジ飛鳥と実力者がそろい、桐生の快挙がライバルの起爆剤となる可能性は高い。

     全体の底上げは400メートルリレーの強化にも直結する。9秒台が複数生まれれば、東京五輪での金メダルの可能性も高まる。

    • 飯塚翔太選手
      飯塚翔太選手

    飯塚翔太「ついに出た」

     リオ五輪で桐生選手とともに400メートルリレーで銀メダルを獲得した飯塚翔太選手は9日、読売新聞の取材に喜びのコメントを寄せた。「ついに出た、という感じ。日本人でもできることを証明してくれた。自分も刺激を受けたので、今度は200メートルで20秒の壁を突破できるよう頑張りたい」

    桐生選手、4年前ゼッケン「998」…高校総体(9月10日)

    • 高校総体で「998」のゼッケンを付けてガッツポーズする桐生(2013年8月、大分市で)
      高校総体で「998」のゼッケンを付けてガッツポーズする桐生(2013年8月、大分市で)

     桐生祥秀選手は2013年、大分県で開催された全国高校総体(インターハイ)で100メートル、200メートル、400メートルリレーを制し、3冠を達成した。

     当時、県高体連陸上競技専門委員長として大会運営にあたった県芸術文化スポーツ振興課の森崎宣和さん(49)は「当時から9秒台が期待され、他の選手を寄せ付けない圧倒的な走りだった」と振り返る。

     この時、桐生選手が付けたゼッケン番号は「998」。森崎さんは「この数字の9秒98が出ればいいなとずっと思っていた。5年越しで実現した」と喜び、「次は世界の舞台で9秒台を出してほしい」とエールを送った。

     現地で快挙を見届けた片峯隆・福岡大陸上競技部総監督(59)は「予選から決勝のレースまでに、足の動かし方やピッチを修正していた。気温や風もベストのコンディションで、中盤から終盤にかけて伸びるいい走りだった。日本短距離界にとって自信になるし、9秒台が連発する時代に突入したと思う」と語った。

    【深読みチャンネル】

    時間の問題?日本男子が100mを9秒台で走る日

    ケンブリッジ飛鳥の体脂肪率4・4%はやはりすごい

    桐生祥秀、俊足の歴史

    リオ五輪男子400メートルリレーで「銀」(2016年8月)

    • 日の丸を掲げる(右から)山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(2016年8月、ブラジル・リオデジャネイロで)
      日の丸を掲げる(右から)山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(2016年8月、ブラジル・リオデジャネイロで)

     リオデジャネイロ五輪第15日の19日、陸上男子400メートルリレー決勝で、山県亮太(24)(セイコー)、飯塚翔太(25)(ミズノ)、桐生祥秀(20)(東洋大)、ケンブリッジ飛鳥(23)(ドーム)の4人で臨んだ日本が、37秒60のアジア新記録で銀メダルを獲得した。この種目では2008年北京大会の銅以来の表彰台で、トラック種目の銀メダルは1928年アムステルダム大会女子800メートルの人見絹枝に88年ぶりに並ぶ最高成績。

    ◆選手層厚く 東京へ手応え

    • リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した4人が日本外国特派員協会で記者会見し、侍が刀を抜く姿をまねた決勝レース入場時のポーズを再現(2016年8月29日撮影)
      リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した4人が日本外国特派員協会で記者会見し、侍が刀を抜く姿をまねた決勝レース入場時のポーズを再現(2016年8月29日撮影)

     日本の短距離界に新風が吹いた。日の丸を掲げて場内を回る男子400メートルリレーのメンバーに第1走者の山県が声をかけた。「時間をかけて味わおう」。銀メダルの余韻にたっぷり浸った。

     速く走る。世界に差をつけられていた日本短距離陣は四半世紀をかけ、その方策を追究してきた。

     1990年代、日本の指導者、研究者は短距離を席巻していたアフリカ系選手の動きを徹底的に解析。「足首は硬くバネのように使っている」「太ももを上げる高さと速さは関係ない」などの事実を探り当てた。さらに手足ではなく、体の中心部を意識した方が効率がいいことも分かってきた。

     それらの事実をもとにした指導法は全国へ浸透。100メートルで9秒台という突出した選手は生まれなかったが、選手層は確実に厚くなった。男子400メートルリレーでは2000年シドニー五輪から、リオ五輪まで5大会連続で決勝へ進出。うち北京五輪で銅、リオ五輪では銀メダルを獲得した。

     ロンドン五輪で陸上監督を務めた東海大の高野進監督は、しみじみと振り返る。「ビフォーアフターでいえば、今はアフター。我々が試行錯誤して発見したことを今の20歳前後の子は当たり前のようにやっている。よくここまできたなと思う」

     今回のメンバー4人の平均年齢は23歳。20年東京五輪で全盛期を迎えてもいい頃だ。山県は力を込めて宣言した。「今回銀メダルということは、次は金メダルを狙えるということ」。21日で30歳になる絶対的な王者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)も五輪の舞台を去る。4年後へ、最も輝くメダルが見えてきた。

    追い風参考記録で9秒87(2015年3月)

    • 追い風参考ながら9秒87の好タイムを出し、笑顔を見せる桐生祥秀(28日、米テキサス州オースティンで) 
      追い風参考ながら9秒87の好タイムを出し、笑顔を見せる桐生祥秀(28日、米テキサス州オースティンで) 

     陸上の男子100メートルで桐生祥秀選手(19)(東洋大)が、米テキサス州での競技会で3.3メートルの追い風参考記録ながら9秒87の快記録で走った。陸上競技の記録を分析する専門家によると、公認ギリギリの追い風2.0メートルなら9秒96に相当するという。今季初戦で海外の強豪にも競り勝ち、日本勢初の9秒台突入へ大きな弾みをつけた。

     1メートル75、69キロの桐生選手は鋭いスタートから中盤でトップに立つと、左隣で2012年ロンドン五輪5位のライアン・ベイリー選手(米)を0秒02上回って1着でゴール。電光掲示板の記録を見ると跳び上がって右手でガッツポーズ。「びっくりした。参考記録でも9秒台を体感できた。帰ったら(9秒台を)期待されると思うので、しっかり走りたい」と笑顔を見せた。

     追い風2.0メートルを超えた記録は公認されないが、電気計時で日本勢の9秒台は初めて。手動計時では1995年に伊藤喜剛選手が追い風9.3メートルで9秒8を出していた。

    インターハイで19年ぶり大会新記録(2013年7月)

    • 10秒19の大会新で念願の総体優勝を果たした洛南の桐生(中央)
      10秒19の大会新で念願の総体優勝を果たした洛南の桐生(中央)

     全国高等学校総合体育大会(インターハイ=読売新聞社共催)の陸上男子100メートル決勝が31日、大分市の大分銀行ドームで行われ、桐生祥秀(京都・洛南3年)が、従来の大会記録を19年ぶりに0秒05縮める10秒19で初優勝を飾った。2位に0秒19の大差をつける圧勝だった。桐生は「日本一はうれしい。やっと(タイトルを)取れた。ほっとした。大会記録として自分の名前が残るのはかなりうれしい」と話した。

    日本歴代2位の10秒01を記録(2013年4月)

    • 男子100メートル予選で日本歴代2位の好タイムを記録した桐生
      男子100メートル予選で日本歴代2位の好タイムを記録した桐生

     広島市のエディオンスタジアム広島で29日に行われた織田幹雄記念国際陸上大会男子100メートル予選で、桐生祥秀(17)(京都・洛南高3年)が日本歴代2位の10秒01をマークした。10秒01はジュニア世界タイ記録で、高校新記録。日本記録は伊東浩司が1998年に樹立した10秒00。

     桐生は追い風0.9メートルの好条件だった予選で、中盤から一気に加速。大学生や社会人選手を置き去りにして、2位に0秒22の大差を付けてゴールした。決勝もロンドン五輪代表らを抑えて10秒03(追い風参考)で制した。桐生は滋賀県彦根市出身。昨秋にユース世界最高記録を10秒19まで更新して注目を集めていた。
    ◆五輪代表 山県と競り合いを制す

    • 男子100メートル予選でジュニア世界タイ、日本歴代2位を記録した桐生
      男子100メートル予選でジュニア世界タイ、日本歴代2位を記録した桐生

     短髪の高校生がゴールラインを駆け抜けた直後、スタジアム全体がどよめいた。男子100メートル予選での桐生のタイムは、日本記録まで100分の1秒に迫る10秒01。17歳は大きなガッツポーズを見せ、「しっかり調整すれば、10秒ゼロ台が出せることがわかった」とあどけない笑みを浮かべた。

     低い姿勢で鋭く飛び出した。大きなストライドを伸ばし、中盤で滑らかに加速。最後はやや乱れたが、勢いを失わずにゴールに飛び込んだ。社会人や大学生と初めて争った大会で、桐生は「楽しんで走るのが目標だったので、そんなに緊張しなかった」と振り返った。

     一気に注目が集まった決勝はロンドン五輪代表の山県と接戦。記録更新こそならなかったが、山県をわずかの差で退け、競り合いでも非凡なところを見せた。山県を「前に出られた時に怖いと感じた。抜けそうだとは感じなかった」と脱帽させた。

     滋賀県彦根市出身。小学校はサッカー部で、中学で陸上競技をはじめた。体幹を鍛えて体がそる癖を矯正したことで、昨年11月に10秒19のユース(年末時点で16、17歳)世界新記録を樹立するなど急成長した。

     「ユース世界新で満足したのでは、先に進めないと思っていた。ジュニア(年末時点で18、19歳)世界タイに満足しては、やっぱり進めない」と桐生。とどまることを知らない高校生スプリンターは「ここまで来たので、9秒台を目標にしていきたい」と力強く宣言した。

    2017年09月11日 11時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!