文字サイズ
    福島県沖地震

    福島県沖で地震、太平洋岸に津波~12人負傷

      22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とする地震があり、福島県いわき市、茨城県高萩市、栃木県大田原市などで震度5弱を観測した。 気象庁によると、震源の深さは25キロ、マグニチュード(M)は7.4と推定される。2011年3月の東日本大震災の余震とみられる。同庁は午前6時2分に福島県、同8時9分に宮城県に津波警報を出した。東北から関東の広い範囲に津波が到達し、仙台市の仙台港では東日本大震災以降、最大の1.4メートルを観測した。 気象庁は青森から千葉にかけての太平洋岸と伊豆諸島でも津波注意報を発令。福島県相馬市で90センチ、岩手県久慈市と宮城県石巻市で80センチ、茨城県大洗町で50センチの津波が観測された。同庁は午前9時46分、福島、宮城両県の津波警報を注意報に切り替え、午後0時50分には全ての注意報が解除された。(→本記はこちら


    【動画】宮城県多賀城市の多賀城駅近くで消防団員の山田芳浩さんが撮影(ツイッターより)

    タイムライン

    • 福島県沖を震源とする地震と津波に関する記者会見(午前8時16分、気象庁で、池谷美帆撮影)
      福島県沖を震源とする地震と津波に関する記者会見(午前8時16分、気象庁で、池谷美帆撮影)

    <12:50>

     津波注意報をすべて解除

    <9:46>

     津波警報が津波注意報に切り替え

    <8:09>

     宮城県にも津波警報が追加

    <8:03>

     仙台港で東日本大震災以降、最大となる1.4メートルの津波を観測

    <7:53>

     福島県相馬市では、消防団が津波を警戒

    <7:47>

     東京電力福島第二原子力発電所3号機の燃料プールポンプ再起動冷却再開

    <7:06>

     相馬市では7時6分に90センチの津波が観測された。

    <6:49>

     福島県いわき市で6時49分に60センチの津波を観測

    <6:45>

     官邸に設置していた官邸連絡室を官邸対策室に格上げ設置

    <6:39>

     福島県いわき市では、小名浜港から内陸方面に避難する車による渋滞が発生

    <6:30> 東北、上越、北陸新幹線が6時30分までに運転を再開
    <6:27> ポケモンGOのツイッターが津波への対応を発表

    <6:23>

     福島県のツイッターが避難を呼びかけ

    <6:20>

     首相官邸のツイッターが避難を呼びかけ

    <6:17>

     いわき市錦町のクレハいわき事業所から火が出ていると通報があった。同6時40分鎮火した。

    <6:13>

     茨城県のツイッターが海岸から離れるよう呼びかけ

    <6:10>

     福島県沖を震源とする地震の影響で22日午前6時10分、東京電力福島第二原子力発電所3号機の使用済み燃料プールの冷却装置のポンプが停止。 核燃料を冷やす水の循環ができない状況となった。 プールには、使用済みと未使用の核燃料が計2544本ある。水温は30度以下で、冷却できなくても7日間は問題がないという。東電で原因を調べるとともに、復旧を急いでいる。http://www.yomiuri.co.jp/national/20161122-OYT1T50010.html

    <6:06>

     福島県いわき市沖20キロで津波を観測

    • 記者会見する菅官房長官(22日午前7時41分、首相官邸で)=橘薫撮影
      記者会見する菅官房長官(22日午前7時41分、首相官邸で)=橘薫撮影

    <6:02>

     気象庁が福島県に津波警報を発表官邸連絡室を設置

    <5:59>

     福島県沖を震源とする地震が発生。福島県、茨城県、栃木県で震度5弱を観測
    【動画】福島や茨城、栃木で震度5弱 22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とする地震があり、福島県、茨城県、栃木県で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約25キロ、マグニチュード(M)は7.4と推定される。地震後、宮城県多賀城市の砂押川では、川が逆流する様子が見られた=松本美津紀さん撮影(2016年11月22日公開)

    2016年11月22日 14時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと