文字サイズ

    寒風に揺れる白いカーテン…そうめん天日干し

    • 最盛期を迎えたそうめんの天日干し作業(10日、奈良県桜井市で)=里見研撮影
      最盛期を迎えたそうめんの天日干し作業(10日、奈良県桜井市で)=里見研撮影

     そうめん発祥の地とされる奈良県桜井市で、三輪そうめんの天日干し作業が最盛期を迎えている。

     3月上旬まで続き、梅雨明けから出荷される。同市の玉井製麺所では、「はた」と呼ばれる台につるされた長さ約2メートルのそうめんが、白いカーテンのように寒風に揺れる。じっくり乾燥させると麺が白くなり、こしも強くなるという。経営する玉井昭治さん(73)は、「今は室内乾燥が主流だが、作業風景を冬の風物詩として残していきたい」と話す。

    2017年01月11日 17時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP