文字サイズ

    レトロなメトロ、開業時モチーフの銀座線運行へ

    • 報道陣に公開された東京メトロ銀座線特別車両(11日午前、東京都中野区の同社中野車両基地で)=菅野靖撮影
      報道陣に公開された東京メトロ銀座線特別車両(11日午前、東京都中野区の同社中野車両基地で)=菅野靖撮影
    • 報道陣に公開されたレトロな雰囲気の東京メトロ銀座線の特別車両(11日午前、東京都中野区の同社中野車両基地で)=菅野靖撮影
      報道陣に公開されたレトロな雰囲気の東京メトロ銀座線の特別車両(11日午前、東京都中野区の同社中野車両基地で)=菅野靖撮影
    • レトロなメトロ、開業時モチーフの銀座線運行へ
      レトロなメトロ、開業時モチーフの銀座線運行へ

     東京メトロは11日、銀座線を走る「1000系」の特別車両を、同社中野車両基地(東京都中野区)で報道各社に公開した。

     1927年に開業した当時の車両をモチーフにした、レトロな内装が特徴。

     銀座線は同年、東洋初の地下鉄として浅草―上野間で開業した。同社は2012年1月から「伝統と先端の融合」をテーマに当時のレモン色の外観を再現した1000系を導入している。

     この日公開した特別車両は、内装の壁やドア部分を木目調としたほか、床や座席などは開業当時の色に再現している。外観も、前面のLEDライトを2灯から1灯にするなど、当時のデザインに近づけた。

     特別車両は2編成導入され、1編成は今月中旬以降、もう1編成は3月中旬からそれぞれ運行が始まる。いずれも浅草―渋谷間を1日平均10往復程度、走行する。地下鉄開業90周年のイベント用列車としても使われる予定だ。

    2017年01月11日 11時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP