文字サイズ

    三菱電機、1年目の社員に違法残業…書類送検

     大手電機メーカー「三菱電機」(東京都)が元男性社員に違法な残業をさせたとして、厚生労働省神奈川労働局藤沢労働基準監督署は11日、法人としての同社と、労務担当者を労働基準法違反容疑で横浜地検に書類送検した。

     発表などによると、同社は2014年1月16日~2月15日の間、元社員(31)に労使協定で定めた上限の残業時間(月60時間)を超えて、月約78時間の残業をさせた疑い。元社員によると、藤沢労基署から昨年11月、働き過ぎが原因で精神疾患を患ったとして労災認定を受けた。

     当時、元社員は入社1年目で、同社情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)で主にレーザーの研究開発などを担当。職場では残業時間を過少申告するよう求められていたという。連続休職日数を超えたとして、昨年6月に解雇された。

    (ここまで341文字 / 残り70文字)
    2017年01月11日 13時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP