文字サイズ

    築42年マンション外壁崩落…高齢居住者ら困惑

    • 外壁が崩落し、住民に避難が呼びかけられている宮の沢ハイツ(10日、札幌市西区で)=村石綾撮影
      外壁が崩落し、住民に避難が呼びかけられている宮の沢ハイツ(10日、札幌市西区で)=村石綾撮影

     札幌市西区のマンションで外壁が崩落するなどし、管理会社が一部の住民に避難を呼びかけている。

     15日は住民に対する説明会が開催されたが、高齢の居住者も多く、困惑が広がっている。

     管理会社などによると、マンションは鉄筋コンクリート6階建ての「宮の沢ハイツ」。約50世帯が入居しているが、築42年が過ぎて老朽化が進んでいる。今月3日から外壁の崩落が確認され、同マンション周辺の小道は立ち入り禁止に。2~6階に住むうちの約20世帯には「危険が差し迫っている」として管理会社が避難を呼びかけた。

     住民らによると、管理会社側は15日の説明会で、危険だと判断した約20世帯にあらためて避難するよう求めたという。6階に住む男性は「突然引っ越してくれと言われても、行くあてもないし困る」と憤っていた。管理会社は近く、2度目の説明会を開催する。

    2017年03月16日 08時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP