文字サイズ

    低血糖症で車暴走、地裁判決を破棄…大阪高裁

     大阪・心斎橋で2014年6月、低血糖症に陥った状態で車を暴走させ、3人に重軽傷を負わせたとして自動車運転死傷行為処罰法の危険運転致傷罪で起訴された会社員・宮谷則幸被告(68)の控訴審判決で、大阪高裁は16日、同法の過失運転致傷罪を適用して禁錮1年6月、執行猶予3年とした1審・大阪地裁判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。

     中川博之裁判長は「1審判決には事実誤認がある。繁華街の交差点で3人が負傷した重大事案であり、審理を尽くして事件を解明するべきだ」と述べた。

     宮谷被告は、意識障害になる恐れを認識しながら運転し、事故を起こしたとして危険運転致傷罪に問われたが、昨年8月の1審判決は「運転開始時点で低血糖症の前兆を感じていたとはいえない」として、同罪の成立を否定。「血糖値を測るなどの注意義務を怠った」と過失運転致傷罪を認定していた。

     検察側は控訴せず、控訴審では過失運転致傷罪のみの成否が争点となった。

     中川裁判長は判決で、運転開始約1時間前の血糖値が高く、運転直前にはどら焼きやジュースを飲食していたことなどから、「運転開始時点では、低血糖症に陥る可能性を予見することは困難だった」と指摘。

     一方で、事故は運転開始から約1時間半後に起きており、「1審では、運転開始時点だけでなく、運転中に低血糖症の前兆を感じていた場合に過失があったかどうかも争点とすべきで、争点整理が不十分だった」とし、審理のやり直しを命じた。

    2017年03月16日 12時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP