文字サイズ

    浴室乾燥機で発火恐れ、東京ガスなどがリコール

     東京ガスとガス器具製造のノーリツ(神戸市)などは16日、1997~2007年に製造された浴室暖房乾燥機(計41機種・9万4756台)で発火する恐れがあるとして、リコール(無償点検・部品交換)を開始すると発表した。

     東京ガスによると、15年6月~17年1月に東京都内の利用者方などで、乾燥機が火元となる火災が計3件発生。温風を浴室内に循環させるファンモーター内部で異常が生じたことが原因という。販売元別の問い合わせ先は、東京ガス(0120・331・226)、大阪ガス(0120・030・616)、ノーリツ(0120・877・026)、ハーマン(0120・818・092)。

    2017年03月16日 19時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP