文字サイズ

    被爆者6千人以上を診察、肥田舜太郎さんが死去

     広島で被爆し、戦後は医師として6000人以上の被爆者を診察した肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さん(さいたま市浦和区)が20日、亡くなった。

     100歳だった。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)が取材に明らかにした。肥田さんは今月に入り、肺炎の疑いで入院していたという。

     肥田さんは被爆当時、広島陸軍病院の軍医だった。戦後、東京都や埼玉県で医師を務める傍ら、30か国以上を訪問して核兵器廃絶を訴えた。

     1979年には日本被団協の原爆被爆者中央相談所理事長となり、2009年に退くまで、全国で被爆者健康手帳の申請相談などを受けていた。

    2017年03月21日 09時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP