<速報> 知人女性殺害、元名大生に無期懲役判決…名古屋地裁
    文字サイズ

    交通指導員、酒気帯びの疑い…「魔が差した」

     長野県飯田市は20日、市非常勤特別職の交通指導員の男性(69)が、5日に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで飯田署に検挙されたと発表した。

     男性から17日に市に報告があり、男性は同日付で辞職した。

     発表によると、男性は5日午前0時半頃、同市宮の前の市道で酒気を帯びた状態で軽トラックを運転した疑いがある。取り締まり中の飯田署員が調べたところ、呼気から基準を超えるアルコールが検知された。市の聞き取りに、男性は4日午後8時頃から約4時間、市内のスナックで日本酒1合と焼酎2合を飲んだと説明。「代行運転を頼んだが待ち時間が長く諦めた。魔が差した」と話しているという。交通指導員は、市長が任命し、交通安全の啓発や朝夕の交通指導などを行う。男性の任期は2016年4月から2年間の予定だった。

     牧野光朗市長は「社会規範がより厳しく求められる交通指導員としてはあってはならないことで誠に遺憾」とのコメントを出した。

    2017年03月21日 12時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP