文字サイズ

    和歌山・紀の川市の小5殺害、懲役25年求刑

     和歌山県紀の川市で2015年2月、小学5年森田都史とし君(当時11歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職中村桜洲おうしゅう被告(24)の裁判員裁判が21日、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)であり、検察側は懲役25年を求刑した。

     弁護側は精神障害の影響が強かったとして量刑への配慮を求め、公判は結審した。判決は28日の予定。

     起訴前の精神鑑定の結果を踏まえ、検察、弁護側ともに被告が事件当時、刑が減軽される心神耗弱状態だったとしており、公判では量刑の重さが争われている。

     検察側は論告で「弱い被害者を、大ぶりの刃物で執拗しつように切りつけており、強い殺意による極めて悪質な犯行だ」と主張。弁護側は最終弁論で「被告は『被害者らに嫌がらせを受けており殺されるかもしれない』という被害妄想がふくらんでいた。被告に全ての責任を問うことはできず、適切な刑罰と治療が必要だ」と述べた。

    2017年03月21日 12時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP