文字サイズ

    73歳殺害事件、隣室の女のDNA型が一致

     東京都東村山市の都営アパートの一室で2008年10月、無職手島公子さん(当時73歳)が殺害された事件で、警視庁が遺体から採取した微物を鑑定したところ、隣室に住む女(59)のDNA型と一致したことが、捜査関係者への取材でわかった。

     女は同庁の任意の事情聴取に対し、殺害への関与を認めているといい、同庁が裏付けを進めている。

     捜査関係者によると、同庁は事件直後、手島さんの薬指の爪の間から微物を採取していたが、当時の科学技術ではDNA型の特定が出来なかった。昨年、この微物を最新の技術で鑑定したところ、犯人とみられるDNA型が検出され、隣室の女と一致した。

     女は08年当時、同庁の調べに対し、「(事件のあった日は)一日中家にいたが、物音などは聞こえなかった」などと話していたという。

    (ここまで340文字 / 残り288文字)
    2017年04月21日 07時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP