文字サイズ

    ひょうでサクランボに大きな被害、9割超の園も

    • 湯沢市上関地区のサクランボ園に降ったひょう(湯沢市提供)
      湯沢市上関地区のサクランボ園に降ったひょう(湯沢市提供)

     秋田県湯沢市内で15日夕方にひょうが降り、市は16日、来月に出荷予定だった特産のサクランボに大きな被害が出たと発表した。

     栽培面積の9割を超える被害が出たサクランボ園もあるという。

     市農林課などによると、15日午後3時40分頃から約10分間、直径1・5~2センチのひょうが、サクランボ栽培が盛んな「三関フルーツライン」や三関、小野、駒形などの地区で激しく降った。市は改めて被害状況を詳しく調査する。

     また、JAこまちによると、ネギやアスパラガスも折れ、商品にならない作物が出ているという。

    2017年05月17日 17時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP