文字サイズ

    松本城、大地震時に天守など「倒壊の危険性」

    • 大地震時の倒壊危険性が指摘された松本城の乾小天守(右)。中央は大天守(長野県松本市で)
      大地震時の倒壊危険性が指摘された松本城の乾小天守(右)。中央は大天守(長野県松本市で)

     長野県松本市の国宝・松本城について、同市は17日、震度6強~7の大地震が起きた場合、強度不足のため天守ややぐら5棟で倒壊や変形の危険性があるとの耐震診断結果を公表した。

     市は7月にも有識者による委員会を設置し、耐震工事について検討を始める。

     耐震診断は2014年4月~17年3月、市から委託を受けた「文化財建造物保存技術協会」(東京)が文化庁の耐震診断指針に基づいて実施した。この結果、大天守など5棟について、「大地震時には、全体的に強度が不足」と指摘された。乾小天守いぬいこてんしゅは1、2階が倒壊する危険性があり、大天守も変形する可能性があるという。

     市は、耐震工事と合わせ、繁忙期などの入場制限を検討し、避難誘導計画の策定にも取り組むとしている。

    (ここまで332文字 / 残り119文字)
    2017年05月17日 21時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP