文字サイズ

    雪残る尾瀬で山開き、ミズバショウも咲き始める

    • 残雪の残る尾瀬ヶ原を散策する人たち(19日午前、群馬県片品村で)=上甲鉄撮影
      残雪の残る尾瀬ヶ原を散策する人たち(19日午前、群馬県片品村で)=上甲鉄撮影

     群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園(約3万7200ヘクタール)が19日、山開きした。

     今年は降雪が多かったため、例年よりも雪解けが進んでいないが、ハイカーたちは朝早くから次々と入山し、晴れ渡った青空の下、雄大な景色を写真に収めるなどしていた。

     尾瀬保護財団によると、テンマ沢湿原や尾瀬ヶ原の一部ではミズバショウが咲き始めている。見頃は5月下旬から6月上旬にかけてになりそうだという。

    2017年05月19日 11時47分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP