文字サイズ

    人気「傾いたラーメン店」移転へ…愛され35年

    • 地盤沈下の影響で建物が傾いた「まる豊」の店舗(和歌山市有本で)
      地盤沈下の影響で建物が傾いた「まる豊」の店舗(和歌山市有本で)
    • 丼が滑り落ちないよう設置されている盆
      丼が滑り落ちないよう設置されている盆

     ラーメン激戦区といわれる和歌山市で、「店が傾いている」と話題となって人気の店がある。

     地盤沈下の影響で建物全体が傾いたため、カウンターにも傾斜がついており、「ツツツ……と、ビール瓶が隣の席から滑ってきた」という冗談のような話も。来月、別の場所に移転すると聞き、創業35年の「まる豊」(和歌山市有本)を訪ねてみた。

     繁華街から車で5分ほどの県道沿い。木造平屋の店舗正面に立つと、明らかに左が下がっている。8畳にも満たない店内に入ると斜めになったカウンターが目に飛び込んできて、一瞬、平衡感覚を失ってしまう。

     30年来の常連という男性会社員(57)が「丼を手でずっと押さえているので、最初はスープを飲むのに苦労した」と楽しそうに笑った。

     同店は三重県出身の豊田二郎さん(79)が「脱サラ」して和歌山に移住して、1982年に開店した。元々は戦後間もなく建てられた小屋。傷みもあったが、競輪場の近くで集客が見込めることなどから借りたという。

     紀の川の河川敷に近く、地盤が緩いこともあって建物がジワジワと傾きだし、カウンターに置いた丼が勝手に滑り出すように。改修も考えたが、常連たちから「この味のある店構えが好きやから来るんや。直したらやんで」と説得され、そのままにしている。

     そのため、店内にはラーメンを“安心して”食べるための工夫が随所に。各席に置かれた「盆」にはあらかじめ傾斜がつけられており、丼が水平になるよう傾きを補正。さらに手前方向の傾きを微調整するため、丼の下にかませる「こぼれん棒」は妻・明子さん(81)の考案だ。

     元々、常連から愛されてはいたが、「傾いたラーメン店」としてメディア上で情報が広がると、客は2~3倍に増えたという。訪れた日も、駐車場に止まる車のほとんどは県外ナンバー。堺市から初めて訪れたというアルバイトの男性(57)は「移転前に一目見ておきたいと思って来た。ラーメンも、あっさりしておいしかった」と満足そうだった。

     建物の管理者から立ち退きを求められ、移転を決めた豊田さん。現店舗での営業は今月27日までで、6月からは、約1・5キロ離れた和歌山市本町に常連客が所有する建物で新たなスタートを切るという。「長年愛され、雰囲気のある店のたたずまいが消えてしまうのは惜しいが、自信を持っている味は変わらない」と意気込んでいる。(葉久裕也)

    2017年05月20日 16時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP