文字サイズ

    屋内は全面禁煙…自民都連が都議選公約 

     自民党東京都連は19日、都議選(6月23日告示、7月2日投開票)の公約を発表した。

     非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防止するため、原則的に屋内を全面禁煙とする都独自の条例制定を目指すことを明記した。

     国は受動喫煙対策を強化するため、健康増進法の改正を目指しているが、自民党は規制の厳しい厚生労働省案に反対している。都連は厚労省案に沿った内容の条例制定を目指しており、受動喫煙対策に積極姿勢を見せることで、都議選での戦いを有利に進める狙いがあるとみられる。下村博文都連会長は「国の法律がどうなるかは関係ない。東京は東京できちんとやる」と話した。

     受動喫煙防止条例を巡っては、公明党や民進党が制定を公約に掲げ、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」も、公約に盛り込む方針だ。

    2017年05月20日 09時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP