文字サイズ

    米イージス艦浸水、乗員7人不明…貨物船と衝突

    • コンテナ船と衝突し、船体が大きく損傷した米海軍イージス艦「フィッツジェラルド」(17日午前7時21分、静岡県下田市沖で、読売ヘリから)=飯島啓太撮影
      コンテナ船と衝突し、船体が大きく損傷した米海軍イージス艦「フィッツジェラルド」(17日午前7時21分、静岡県下田市沖で、読売ヘリから)=飯島啓太撮影
    • コンテナ船と衝突し、船体が大きく損傷し、ホースを使って排水作業を行う米海軍イージス艦「フィッツジェラルド」(17日午前7時41分、静岡県下田市沖で、読売ヘリから)=飯島啓太撮影
      コンテナ船と衝突し、船体が大きく損傷し、ホースを使って排水作業を行う米海軍イージス艦「フィッツジェラルド」(17日午前7時41分、静岡県下田市沖で、読売ヘリから)=飯島啓太撮影
    • 米イージス艦、コンテナ船と衝突
      米イージス艦、コンテナ船と衝突

     17日午前2時25分頃、静岡県・伊豆半島南端の石廊崎いろうざき沖南東約20キロの海上で、フィリピン船籍のコンテナ船(222メートル、2万9060トン)から「米艦船と衝突した」と第3管区海上保安本部に無線通報があった。

     米艦船は米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されているイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」(154メートル、8315トン)。衝突によって同艦の艦長ら3人が負傷したほか、乗組員7人が行方不明となり、海保や海上自衛隊、米海軍が現場海域を捜索している。コンテナ船にはフィリピン人の乗員20人がいたが、けが人はいないという。3管本部は業務上過失往来危険容疑も視野に調べている。

     イージス艦は右舷中央付近が大きく破損、浸水したが、米海軍のタグボートが伴走し、自力航行で同基地に向かっている。コンテナ船は船首左舷に衝突の跡があり、午前9時半頃に東京湾に向けて航行を再開した。

    (ここまで396文字 / 残り891文字)
    2017年06月17日 13時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP