文字サイズ

    バニラ・エア、34人を誤誘導…入国手続きせず

     格安航空会社(LCC)の「バニラ・エア」は19日、香港から18日夜に成田空港に到着した乗客の一部を誤って国内線到着口に案内し、34人が入国手続きをせずに入国したと発表した。

     同社は昨年4月にも同様のトラブルを起こしており、国土交通省は19日、同社に厳重注意し、再発防止策の検討などを求めた。

     同社によると、18日午後10時13分に到着した香港―成田便の乗客168人を、3台のバスに乗せて国際線到着口に移動させる際、34人が乗った1台が誤って国内線到着口に向かったため、乗客は手続きをせずに入国してしまった。運転手が指示を勘違いしたという。

     乗客の通報でトラブルが発覚し、24人は入国後に改めて手続きを済ませたが、10人は終えていないという。同社は昨年4月にも、同様のトラブルを起こし、再発防止策を講じていた。

    2017年06月19日 19時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP