文字サイズ

    予告せずダム放流、水位急上昇…母子流され軽傷

    • 水難事故を受け、謝罪する県新発田地域振興局の職員(19日、県庁で)
      水難事故を受け、謝罪する県新発田地域振興局の職員(19日、県庁で)

     新潟県は19日の記者会見で、新発田市の滝谷森林公園内の加治川で17日、水遊びをしていた新潟市北区の母親(45)と小学4年男児(9)が流される事故があり、県管理のダムから予告せずに放流したのが原因とみられると明らかにし、謝罪した。

     母子は救助されるなどして軽傷だった。

     県によると、羽越水害50年の記念行事として、約4・5キロ上流の同川治水ダムで17日午後2時頃から約50分間、観光放流を実施。公園内の川の水深が約15センチから約75センチに上昇し、川に入っていた男児が父親に救助されて足に軽いけがを負い、約100メートル流された母親は自力で岸にたどり着いたが、低体温症と診断された。

     県は同ダムの11キロ下流で30分間に20センチ以上の水位上昇が予想される放流をする際、サイレンによる予告などを行っていたが、今回は対象外と判断した。今後、基準を見直す方針。

    2017年06月19日 22時32分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP