文字サイズ

    結婚式できる観光列車…横浜―下田で21日から

    • 21日から運行を始める「ザ・ロイヤルエクスプレス」
      21日から運行を始める「ザ・ロイヤルエクスプレス」
    • ステンドグラスの天井がある6号車では、音楽の生演奏を楽しめる
      ステンドグラスの天井がある6号車では、音楽の生演奏を楽しめる

     東京急行電鉄(東京都渋谷区)は15日、JR横浜―伊豆急下田駅間で21日から運行する観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」(8両編成、定員100人)を、伊豆急伊豆高原駅(静岡県伊東市)で報道関係者に初公開した。

     車両は、関連会社の伊豆急が運行する観光列車「アルファ・リゾート21」を改装し、海をイメージした濃い青色を外観に採用した。

     1、2、7、8号車が客車で、3号車に、展覧会や結婚式などに使える多目的スペースを設けたのが特徴。5、6号車の食堂車は伊豆の食材などを使った料理が堪能でき、4号車は食事の調理場となっている。

     東急電鉄によると、旅行代金は、クルーズプラン(1泊2日)が、宿泊先の料金込みで13万5000円~15万円、食事付き乗車プランが2万5000円~4万円。週2日程度の運行を予定し、7月分は300席の募集に600席の応募があったという。夏休みに重なる8月は運行せず、9月分を販売している。

     15日に伊豆高原駅構内で行われたセレモニーでは、東急電鉄の城石文明・鉄道事業本部長が「伊豆の魅力を向上させ、地域活性化の起爆剤にしたい」と話した。

    2017年07月17日 23時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP