文字サイズ

    復興支援に「ありがとう」、双葉町が感謝の動画

     東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く福島県双葉町は、全国から寄せられた復興支援に対し感謝の気持ちを伝える「双葉町ありがとうメッセージプロジェクト」に取り組んでいる。

     東日本大震災と原発事故から6年が過ぎ、これまで十分に伝えられなかった思いを発信したい考えだ。

     原発事故後、町は埼玉県加須市に役場機能を一時移し、現在も県内に4069人、県外に2870人の避難者が暮らす。

     町は今月から、寄せられた支援に対し「ありがとう」のメッセージを伝える動画の撮影を始める。年内をめどに町のイベントなどで希望者を撮影し、来年3月から動画投稿サイト「ユーチューブ」の町公式チャンネルで公開する。

     町の担当者は「当時伝えられなかった感謝を伝えていきたい」と話している。問い合わせなどは、町ホームページ(http://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/)へ。

    2017年08月13日 19時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと