文字サイズ

    脱輪した新幹線3両、6時間半かけレールに戻す

    • クレーンでつり上げられ、レール上に戻される新幹線車両(11日、浜松市中区で、JR東海提供)
      クレーンでつり上げられ、レール上に戻される新幹線車両(11日、浜松市中区で、JR東海提供)
    • クレーンでつり上げられ、レール上に戻される新幹線車両(11日、浜松市中区で、JR東海提供)
      クレーンでつり上げられ、レール上に戻される新幹線車両(11日、浜松市中区で、JR東海提供)

     浜松市中区南伊場町のJR東海浜松工場の線路で脱輪した新幹線車両について、JR東海は11日、クレーンでつり上げてレール上に戻す作業を行った。

     脱輪は8日午後、点検中の新幹線(N700系、16両編成)が工場敷地を移動して左カーブに差し掛かったところで発生。9~11両目の3両が脱輪した。けが人はなかった。

     11日の作業は午前8時に開始。脱輪した3両は約6時間半かけて1両ずつ慎重にクレーンでつり上げられ、レールに戻された。

     JRは脱輪の原因を調べている。

    2017年08月11日 21時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと