文字サイズ

    日航機墜落事故から32年、遺族らが慰霊登山

    • 「昇魂之碑」の前で手を合わせ犠牲者を追悼する遺族(12日午前8時24分、群馬県上野村で)=若杉和希撮影
      「昇魂之碑」の前で手を合わせ犠牲者を追悼する遺族(12日午前8時24分、群馬県上野村で)=若杉和希撮影

     乗客乗員520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故は、12日で発生から32年となった。

     墜落現場「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)では早朝から、遺族たちが故人の墓標を目指し、慰霊登山を始めた。

     高齢の遺族も多く、孫を連れて登る姿もあった。手をつなぎ、前夜までの雨でぬかるむ足元に気を配りながら、頂上付近の慰霊碑「昇魂之碑」を目指した。碑の前では午前10時半頃から、遺族たちがシャボン玉を飛ばし、鎮魂と安全な社会の実現を願った。

     祖父の南慎二郎さん(当時54歳)を失った川崎市の会社員内野慎一さん(28)は、「事故が風化しないよう、僕たち若い世代も啓発の活動をサポートしていきたい」と話した。

    2017年08月12日 11時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと