文字サイズ

    ジェットコースターにはねられ2人死傷…大分

    • 事故が起きた木製ジェットコースター「ジュピター」(12日午後6時20分、大分県別府市の城島高原パークで)=瀬戸聡仁撮影
      事故が起きた木製ジェットコースター「ジュピター」(12日午後6時20分、大分県別府市の城島高原パークで)=瀬戸聡仁撮影

     12日午後3時半頃、大分県別府市の遊園地「城島高原パーク」で、木製ジェットコースター「ジュピター」の点検作業をしていた男性2人が試運転中の車両にはねられた。

     施設のメンテナンスを請け負っている会社の社員大久保崇さん(44)(大分市中戸次)が死亡、遊園地社員の男性(45)が全身打撲などの重傷を負った。コースターは無人で、来園者にけがはなかった。県警は業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査する。

     遊園地によると、2人はスタート地点から約150メートルのところでレールの点検などをしていた。重傷の男性ははねられた後、約2メートル下の地面に転落した。

     車両は24人乗りで、7月に導入されたばかり。この日は、コースターの待ち時間を短縮するため、二つの車両を同時に走行させる運行方法に変更することを決め、そのための試運転の最中だった。

    (ここまで364文字 / 残り294文字)
    2017年08月13日 01時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと