文字サイズ

    日航機墜落事故32年、御巣鷹の尾根で慰霊式

    • 追悼慰霊式を終え、犠牲者を悼んで手を合わせる遺族ら(12日午後7時4分、群馬県上野村で)=若杉和希撮影
      追悼慰霊式を終え、犠牲者を悼んで手を合わせる遺族ら(12日午後7時4分、群馬県上野村で)=若杉和希撮影

     乗員乗客520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から32年となった12日、墜落現場「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)の麓にある「慰霊の園」で追悼慰霊式が行われ、遺族ら260人が参列した。

     慰霊塔の周りに置かれた520本のロウソクに火がともされ、墜落時刻の午後6時56分に黙とうをささげた。夫の林邦しげくにさん(当時50歳)を亡くした大阪府豊中市の陶山すやま陽子さん(74)は「主人に見守ってくれてありがとうと話した」と語った。

    2017年08月12日 20時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと