文字サイズ

    厚労省局長、腹に複数刺し傷…弟が容疑認める

     東京都港区高輪のマンション一室で12日、厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さん(56)(港区高輪)が刺されて死亡した事件で、北島さんは腹を複数回刺されていたことがわかった。

     警視庁高輪署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した北島さんの弟(52)の容疑を殺人に切り替えて調べている。

     発表によると、弟は同日午前5時20分頃、自宅の居間で、北島さんの腹を包丁(刃渡り約13センチ)で複数回刺して殺害しようとした疑い。北島さんは病院に搬送されたが、出血性ショックで死亡した。検視の結果、北島さんの腹には複数の刺し傷があった。弟は調べに対し、「私がやりました」と容疑を認めている。

    (ここまで285文字 / 残り164文字)
    2017年08月13日 08時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと