文字サイズ

    防潮堤に昔の大船渡の映像…震災から6年5か月

    • 防潮堤に映し出された大船渡のプロジェクション映像(11日夜、岩手県大船渡市で)=関口寛人撮影
      防潮堤に映し出された大船渡のプロジェクション映像(11日夜、岩手県大船渡市で)=関口寛人撮影

     東日本大震災から6年5か月を迎えた11日、防潮堤をスクリーンにして、昔の暮らしや三陸の海の現状を映像で観賞する催し「海との対話」が岩手県大船渡市で開かれた。

     上映されたのは、大船渡の昭和の生活記録を市民から集めた「よみがえる大船渡」と、震災6年後の海の生物などを撮影した「海に暮らす」の2作品。高さ5メートル、全長49メートルのくの字形の防潮堤に昔の祭りの様子などが投影されると、集まった人々は目を細めていた。

     企画したのは、同市出身で、現在は東京芸術大学大学院の千葉紘香さん(24)。千葉さんは「気仙地域の文化や歴史を見返して、街づくりのきっかけにしてほしい」と話した。

    2017年08月13日 19時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと