文字サイズ

    3歳児に「かかと落とし」虐待死で懲役8年判決

     東京都大田区のマンションで2016年1月、同居していた新井礼人あやとちゃん(当時3歳)を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職永富直也被告(21)の裁判員裁判で、東京地裁は13日、懲役8年(求刑・懲役9年)の判決を言い渡した。

     家令かれい和典裁判長は、「被害者の苦痛は非常に大きかったと考えられ、わずか3歳で生涯を閉じた被害者に同情の念を禁じ得ない」と述べた。

     判決によると、永富被告は同年1月25日夜、マンション室内で礼人ちゃんを放り投げて収納ケースにぶつけたり、顔を殴ったりしたほか、礼人ちゃんの頭にかかとを打ち付ける「かかと落とし」などの暴行を加え、同月27日未明、外傷性硬膜下血腫で死亡させた。

     公判で弁護側は「『かかと落とし』はしていない」などと主張したが、判決は「暴行を具体的に述べた礼人ちゃんの母親の証言は信用できる」と退けた。

    2017年09月13日 20時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!