文字サイズ

    サンマ漁船とタコ漁船が衝突、1人不明…根室沖

    • 衝突した稲荷丸(右)と転覆したちはる丸(左手前)。もう1隻はちはる丸の僚船(釧路海上保安部提供)(根室市の落石岬沖で)
      衝突した稲荷丸(右)と転覆したちはる丸(左手前)。もう1隻はちはる丸の僚船(釧路海上保安部提供)(根室市の落石岬沖で)

     14日午前5時10分頃、釧路海上保安部に入った通報によると、北海道根室市の落石岬の南西約25キロ沖の太平洋上で、宮城県漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」(19トン、7人乗り組み)と根室市の落石漁協所属のタコかご漁船「第68ちはる丸」(4・9トン、2人乗り組み)が衝突、ちはる丸が転覆し、乗組員1人が行方不明となった。

     釧路、根室海保の巡視船3隻が現場周辺を捜索している。

     釧路海保の発表によると、行方不明となっているのは転覆したちはる丸の甲板員鍵和田基龍きりゅうさん(45)(神奈川県南足柄市)。同船の松宮亮殻りょうたけ船長(47)(根室市長節)は海中転落後、僚船に救助されたが、けがをしている模様。

     稲荷丸は13日夜、釧路市の釧路港を出港し、ロシア海域の漁場に向かう途中、ちはる丸は操業を終えた直後だったという。

    2017年09月14日 10時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!