文字サイズ

    沖縄米軍ヘリが不時着、炎上…訓練中に出火

    • 炎上する米軍の大型ヘリCH53(11日、沖縄県の米軍北部訓練場付近で)=提供写真
      炎上する米軍の大型ヘリCH53(11日、沖縄県の米軍北部訓練場付近で)=提供写真
    • 米軍大型ヘリ、沖縄の北部訓練場付近で炎上
      米軍大型ヘリ、沖縄の北部訓練場付近で炎上
    • 炎上したヘリと同型の機体
      炎上したヘリと同型の機体

     11日午後5時15分頃、沖縄県東村の米軍北部訓練場(東村、国頭くにがみ村)近くの牧草地で、米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプター「CH53」が不時着し、炎上・大破した。

     防衛省などによると、乗員7人にけがはないという。東村にも住民の人的被害に関する情報は寄せられていない。

     米軍側の発表では、CH53は訓練飛行中に出火したため、緊急着陸したとしている。沖縄県警によると、現場は東村高江付近の県道70号近くで、訓練場の施設外。東村役場などによると、近くに約20人が住む集落があり、北約2キロには高江小学校もある。

     小野寺防衛相は同日、防衛省内で記者団に「米軍の事故が続いている。安全な運航にしっかり対応するよう強く申し入れたい」と話し、米軍側に原因究明と再発防止、詳細な情報提供などを求めたことを明らかにした。

    (ここまで359文字 / 残り351文字)
    2017年10月12日 07時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP