文字サイズ

    ドローンにバードストライク、海上飛行中に墜落

     福井県おおい町で今年8月、小型無人機「ドローン」が鳥と衝突し、墜落していたことが国土交通省への取材でわかった。

     ドローンの「バードストライク」が同省に報告されたのは初めて。ドローンは物流分野などでの活用が期待されているが、鳥の衝突を防ぐのは困難で、対策が課題となりそうだ。

     同省によると、8月20日昼頃、おおい町の海沿いの駐車場で、個人の所有者が空撮のため、ドローン(直径約40センチ)を海上飛行させていたところ、ドローンがトビとみられる鳥と衝突し、コントロールを失って海中に落下した。現場は、国の飛行許可が必要な場所ではなかった。

     ドローンの飛行ルールを定めた改正航空法が2015年12月に施行されてから、同省にはドローンに関する事故やトラブルが90件以上報告されている。今年2月には神奈川県内で、落ちてきたドローンに当たった人が大けがを負った。

    (ここまで375文字 / 残り350文字)
    2017年10月12日 08時47分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP