文字サイズ

    事故1か月前にも3件妨害行為…東名死亡容疑者

     神奈川県大井町の東名高速道路で今年6月、乗用車に進路をふさがれたワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)などの容疑で逮捕された福岡県中間市、建設作業員石橋和歩容疑者(25)が、事故の約1か月前にも山口県内で同様の妨害行為を3件起こしていた疑いがあることが、神奈川県警への取材でわかった。

     県警によると、死亡したのは、静岡市清水区の自動車整備業萩山嘉久さん(当時45歳)と妻の友香さん(同39歳)。6月5日夜、東名高速下り線の追い越し車線をワゴン車で走行中、前方に止まった乗用車に進路をふさがれて停止し、後方の大型トラックに追突された。同乗の高校1年の長女と小学6年の次女も軽傷を負った。

     石橋容疑者は、この事故の約1か月前にも、山口県下関市の一般道で、同様の妨害行為を3件起こしていた疑いがあることが判明。

    (ここまで384文字 / 残り297文字)
    2017年10月12日 22時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP