文字サイズ

    公安当局拘束の日本人2人、起訴の可能性…中国

     【北京=東慶一郎】中国・山東省と海南省で公安当局に拘束された日本人男性2人が、9月に正式に逮捕されていたことが13日、日本の外務省への取材で分かった。

     2人は今後、起訴され裁判が行われる可能性が高い。

     2人は日本地下探査(本社・千葉県船橋市)とその協力会社の社員。今年3月、温泉開発に向けた地質調査のために訪れた山東省と海南省でそれぞれ拘束された。当時拘束されたのは6人だったが、うち4人が7月に解放された。中国メディアによると、逮捕された2人は「反スパイ法」違反容疑で調べられていたという。

    (ここまで247文字 / 残り136文字)
    2017年10月14日 00時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP